vG7通水後の抗菌検査結果

<24時間経過:抗菌力評価試験結果>2012年8月10日νG7を通水させた水を抗菌検査しました。大腸菌、黄色ブドウ球菌どちらも24時間後には検出されませんでした。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌MRSA コントロール水 菌数1.3×105

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌MRSA νG7通過水 菌数検出せず


24時間検査:大腸菌

ニュージーセブン水

水道水


24時間検査:黄色ブドウ球菌

ニュージーセブン水

水道水


24時間検査:サルモネラ菌

ニュージーセブン水

水道水


平成18年3月、再度の抗菌検査を(社)京都微生物研究所に依頼しました。

 

その結果、以前と同様の菌類で100%の抗菌結果を得ることが出来ました。

検査結果の記号が「<10」の、「検出せず」の検査結果で、予想を上回る完璧な抗菌数値でした。

畜産農家や青果物の処理加工業者より、腐敗臭が激減したり、鮮度の保持期間が延びたり・・・、などの好結果を得られる事実からもニュージーセブンの水が強力に働いていることが理解できます。