大学での研究結果

サビを防止する効果①

大分大分大学 氏家誠司 研究室(平成29年6月)


ニュージー7と水道水に一定期間、金属を浸し、比較実験を行いサビを検証してみた。

 (条 件)

  • 実験期間:3ヶ月間
  • 室  温:常温

 (結 果)

  • ニュージー7(写真上)...変化が見られずサビの確認なし。
  • 水道水(写真下)...緑青が発生している。


サビを防止する効果②


ニュージー7と水道水に一定期間、古い赤錆を帯びた水道管を浸し、比較実験を行いサビを検証してみた。

(条 件)

  • 実験期間:1ヶ月間
  • 室  温:常温

 (結 果)

  • ニュージー7(写真上)に浸したものは赤錆がなくなり黒色に変化している(写真下の未処理のものと比較)


水の活性化~ヘキサゴンフィールド変換器

vG7による水道水活性化に関する検証

大分大学 氏家誠司 研究室

ヘキサゴンフィールド変換器(νG7)で活性化された水(量子水)の機能性についての報告

   (1)排水溝の清浄化機能

   (2)殺菌効果

   (3)消臭効果  

   (4)乳酸菌増殖効果

   (5)糖尿病モデルマウスに対する有効性

  (量子水投与により血糖値があ8日で100mg/dL低下)

   日本補完代替 医療学会誌 第13巻 第2号、pp71-72

2016年9月:エネルギーポテンシャルの高い量子水によって血糖値の指標であるHbA1cが改善された。

II 型糖尿病境界型の改善・II 型糖尿病への進行予防の可能性を指摘


ナノバブル(ファインバブル)とは

洗浄効果、分離効果、潤滑効果、帯電分離効果、物性制御効果が確認されている日本が誇る水質活性技術です。分野は食品、飲料水、化粧品、医療、薬品、植物栽培、洗浄、トイレ洗浄、土壌洗浄、水処理、化学、液晶・太陽電池製造、新機能材料製造に利用されており、今後も各種産業応用に大きな期待が寄せられています。(一般財団法人ファインバブル産業界HPより参考抜粋)


NHKクローズアップ現代「ウルトラファインバブル特集」