· 

遺伝子組み換え畑の焼却・ハンガリー

 

ヨーロッパのハンガリーでは、モンサント社が関与するの

遺伝子組換えの、とうもろこし畑を焼き尽しています。

 

この状況が、これは世界中に拡散され、

ハンガリーの強い意志が示されました。 

 

 

ヨーロッパ諸国では、危険な作物は拒否するということが

主流になっています。 

 

 

各国の政府も、国民の健康を害するものは国益を損ねる

ことを正しく理解しているようです。 

 

この姿勢こそ国民を守るべき国家の姿でしょう。

 

 

ところが、ほとんどの日本人は、遺伝子組み換え食品は

食べていないと思っています。 

 

しかし実情は、日本人もペットも家畜も、知らないまま

遺伝子組み換え食品を食べているのです。 

 

日本の指定項目

 

栽培、流通、加工等が許可されている遺伝子組み換え作物は、

なんと驚きの118品種もあります。

 

2013年時点で、とうもろこし・大豆・西洋菜種・綿・パパイヤ

・アルファルファ・てん菜・バラ・カーネーションなど。 

 

 

また、イネやトウモコロシなど隔離された圃場での栽培実験が

承認されている作物が10品目。

 

輸入遺伝子組換え作物の加工食品

輸入した遺伝子組み換え作物は、 

 

主に表示義務のない加工食品や調味料、食用油などとして

使用されています。 

 

日本での食品表示は、一部の農産物とその加工食品だけなのです。 

 

表示義務がない醤油・食用油コーンフレークもありません。

 

 

 

遺伝子組み換え輸入大豆から作った納豆菌を使っても、 

 

大豆が遺伝子組み換えでない場合には、

遺伝子組み換えではないと表示ができます。

 

また、5%未満の混入なら「遺伝子組み換えではない」と表示できます。

 

世界から非難されているモンサント社

 

そのホームページには、 

 

日本は毎年、トウモロコシなど粗粒穀物やコ小麦、

食用油の原材料の大豆・菜種等を年間合計、約3,100万トン、

海外から輸入しています。

 

 

TPPが決まると、

さらに遺伝子組み換え作物が日常的になっていくのは

間違いないことでしょう。 

 

世界各国で、遺伝子組み換え食品の摂取は、 研究者らも

健康被害を懸念して禁止の方向に向かっています。 

 

 

政治家のレベルって

こんな逸話もあります。

 

ある有名な実業家が、オーガニック栽培農園に行きました。

 

その農園では、野菜類から米までも、すべてオーガニック栽培でした。

 

試食した実業家は、これまで味わったことのない美味しさに

感銘を受け、時の農林大臣に推奨することにしたのです。

 

 

実業家は、農園主に大根や人参他を持参して来るように言いました。

 

そして、大臣室に通され、自分の栽培法を話しました。

 

 

 

それを聞いた大臣の最初の言葉が、

 

「う~ん これは農協団体や医薬業界から反対されるぞ」???

 

「俺だって、これを推奨したら、次の当選は無いだろうな。」???

 

 

 

黙って聞いていた農園主は、サッサと野菜を袋に入れ、

無言で一礼して帰って行ったそうです。

 

 

慌てた実業化が、止めようとすると、

農園主は、「芯の底まで腐っていますな。見せただけでも損した。」

 

どうですか?

 

 

政治家は、身の保身、金儲けと名誉。

 

自分で守るしかないのでしょうか?