食品加工業の導入例

アンデス食品(株) 様           東京都大東区

  • 排水等の腐敗、臭いがなくなった。(他の事例でもこの現象は確認している)
  • 冷凍庫内で寒さを感じない。
  • 乾燥している(じめっとしていない)
  • 肉が長持ちする。
  • もともとあった臭いがしなくなっている。

北浦パッケージ株式会社 様        茨城県行方郡

ジャガイモには多くのでんぷん質が含まれており日時と共に発酵し特有の腐敗臭を放つ様になり頭痛の種でした。

「νG7」を平成14年10月に設置しましたが、未だ半年足らずであるが、あの異臭は殆ど無くなりました。これには驚愕しましたし、又、大助かりである。周辺近所への気遣いで胃の痛い思いを何度も経験しましたし、常に食あたりへ影響無いものか心配でしたが、私は「νG7」こそ長年探し求めていた物であったと確信出来ました。

 

カットしたジャガイモの色は、今までと違い白さを長期間保てる様になりました。今まではカット直後から酸化され黄ばみ?(茶色)がかった色に変色しましたが、現在は白さを長時間保ち続ける様になり、見た目は格段に良くなり私の喜びは口では言えないほどである。

 

”ためます”(写真右上)から悪臭がただよっておりましたが、全く臭いません。


河村食材 様               島根県出雲市

食品の鮮度保持には水が最も重要です。

しかし、時間の経過とともに雑菌が繁殖し、鮮度を失ってしまうような水では、いくら鮮度管理をしても、良好な環境を保つことができません。

ところがνG7を通った水は、雑菌が極めて繁殖しにくいため、水の力と鮮度を維持してくれます。

 

また、うま味成分(アミノ酸)の数値が向上するということも判明しました。

今では主にシジミの砂抜き時などにこの水を使用することで、「ぷりぷり」とした身質のシジミを、自信を持ってお客さまにお届けできるようになりました。

 

淡水と海水とが混じっている宍道湖で取れた蜆を、νG7を通した水に2時間浸けておくだけです。

たったこれだけで、アミノ酸が1.3倍増えるとのことです。

 

  • 生存日数は10日が平均。これが倍の20日。
  • 砂地ではなく、泥上産なので、どべくさいのが、2時間G7水につけると、泥臭さが消える。
  • 臭さが消えると同時に、雑菌も消えているから内臓も元気。

シジミのνG7水処理によるアミノ酸量の変化

νG7水による活性しじみは、美味しさはもとより、体の健康を維持する上で大いにプラスになっているものと考えられる。

冷凍の塩鱒を流水解凍した時の細胞膜の状態を顕微鏡写真で比較した。

[テスト] 対照区:通常の水道水で流水解凍
   νG7処理区:νG7コア2連の通過水にて流水解凍。

[結 果]

対照区:細胞膜が壊れて隙間ができている。ドリップが発生し、焼いた時に身がパサついて美味しくなく、赤身がすぐ白くなる。

νG7処理区:細胞膜が壊れていない。身がぷりぷりして美味しい。赤身の色が長持ちする。