· 07日 8月 2017
美しく健康になりたい人は、化粧水や美容液などには高い関心と知識を持っています。しかし本当に自分の肌を美しく保ちたいのなら、皮膚の表面ばかりをいくらケアしても、それだけでは十分とはいえません。なぜなら、皮膚の角質層とその下の真皮の間にはバリアー・ゾーンがあって、外側からいくら水分補給をしてもそれは真皮には届かないからです。肌の内側の水分は、飲み水から補給しなくてはいけないのです。
 · 01日 8月 2017
身体の中に入る害から身を守れたとしても、肌に直接触れるお風呂のお湯に浄水器や整水器を取り付けている家庭はほとんどない。 塩素に触れたり吸ったりした場合、このトリハロメタン(TOX)や活性酸素は、皮膚や喉の粘膜から水分を奪う。 例えば、塩素のきついプールで泳ぐと、髪の毛や皮膚がかさかさしドライスキンになったり、小じわやシミの原因にもなるのと同じ原理だ。
 · 31日 7月 2017
「今の妊婦の羊水は異臭を放ち、淀んだ色をしている」という話であった。確かに現代の日本は、未熟児や奇形児、アトピー性皮膚炎に代表される免疫不全の子供が、世界の中でダントツトップという恥ずべき首位を保っている。
 · 30日 7月 2017
ミネラルウオーター(ボトル入りの飲料水)を飲んでいる人たちにとっては、ミネラルウオーターが飲み水として当たり前の時代となってしまい、常に手の届くところで水が売られており、それを買って飲むことになんの疑問も感じなくなっているのでしょう。そして、飲みつづけているうちにミネラルウオーターの味に馴れ、その中身にしても、お金を払っているのだから「安全なのは当然」、「おいしい水」、「ミネラル豊富な水」と思い込んでいるのでしょう。
 · 30日 7月 2017
「水」は身の回りでもっとも身近な物質であり、生命にとって欠かすことのできないものです。酸素と水素の化合物である「水」は、他の物質とは明らかに異なるいくつもの性質を持っているのです。